2005年04月10日

『陰陽師 -竜笛ノ巻 』夢枕獏(文春文庫)

草木や雨、季節の描写は相変わらず読んでいていい気分。あやかしや鬼が倒すだけの敵じゃないのがこのシリーズのよいところだけれど、さすがにちょっとパターン化している点が感じられつつもあった。それでも、これまでのシリーズと同様の質と展開で、好きな人なら文句はないと思う。

ところで、巻末に著者自らの『キマイラ』シリーズの紹介が書かれていた。『陰陽師』が楽しめるなら『キマイラ』シリーズも楽しめるとのこと。やはり『陰陽師』ばかりが先行している点に、著者自身も思うところがあるのだろう。

このように書いているボクも、他の作品は『上弦の月を喰べる獅子』をかなり昔に読んだ記憶しかない。格闘好きの知り合いが『餓狼伝』シリーズを暑苦しい熱意で語ってくれていたため、夢枕獏は格闘ものの小説家というイメージが根付いてしまっているのが一因だ。ボクはたいして格闘に興味はない。

なので、『陰陽師』シリーズを読むようになったのも、ありきたりだけれども、岡野玲子のマンガが理由だ。夢枕獏の正当(?)なファンから何事か言われそうだけれど、いまでも岡野玲子の方が好きだ。まあ、比べるようなことじゃないけれどね。

話がズレたけれど、せっかく著者自らが勧めているのだし、他の本も読んでみようかと、いまちょっと考えだしている。

posted by meme_jam at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。